home > Junker > INTEL SSD 320 SSDSA2CW300G3 8MB病修理

INTEL SSD 320 SSDSA2CW300G3 8MB病修理

8MB病なんてかかるわけないじゃん!と他人事のように思っていたらかかりました。
データ復旧は不可能なので、使用できる状態にまで戻してやりました。

突然の悲劇

それはPC作業中。
突然ボン!という音とともにPCがフリーズしました。
時は夏。おそらく、PC内の熱がこもりまくっていたのでしょう。
単なる熱暴走だと思い、何事もなかったかのように電源を入れ直すと…
起動しません!

原因が特定できないままBIOS画面としばらくにらめっこ。
そして気付くのです。「SSDの容量が8MBしかないやないか!!」と。

修理開始

そういえば、以前8MB病というのを聞いたことがあるような。。。
と思い、ググると出てきました。
Intelの320シリーズで起こるそうなのですが、うちのこいつも320シリーズでした汗

修理自体(使用できる状態にする)は全消去すれば良いだけ。
早速、Intel SSD Toolboxをダウンロードし、Secure Eraseを試みます。



8MBの表記が悲しさを物語っています。
ちなみに、SSDのファームウェアは最新のものが入っておりました。
ファームウェアを更新しても8MB病になるってことですかね。

では、いざ消去!!!
と思ったら、できませんでした。
Intel SSD Toolboxは外付けHDDなどのようなUSBでの接続ではなく、SATAで繋がないと認識しないのですが、
SATAのコードの抜き差しをしないとロックが解除されないとのことです。
実際、抜き差しをしたのですがダメでした。




そこでIntel SSD Toolboxはあきらめて、TxBENCHにて消去を行いました。
TxBENCHは外付けHDDケースから繋いだものも認識してくれます。



無事、2分足らずで消去完了しました。
改めてIntel SSD Toolboxで確認すると



300GB認識しています!!無事、治りました。
しかし、一回壊れたSSDを再び使うのは勇気がいりますけどね。。。


home > Junker > INTEL SSD 320 SSDSA2CW300G3 8MB病修理
PlayStation 4 グレイシャー・ホワイト 1TB CRYORIG C7 SanDisk SDSSDA-480G-J26 NSW スーパーマリオ オデッセイ