home > PS2 > 学校をつくろう!! Happy Days > 教師 教師について

PS2 学校をつくろう!!HappyDays

教師 教師について

教師がしっかりしていないと学校全体の評価が上がりません。
しっかりと育てて学校評価を上昇させましょう。
給料
教師にはもちろん給料を払わなければなりません。この給料は教師のレベルと年齢によって基準が決まります。
算出法は以下に示した通りです。レベルが高くなると基準通りだと50万円前後の金額を払うことになるので注意。
設定としてはレベルが低い教師には黄色の顔の金額を、レベルが高い教師にはオレンジ色の顔の金額が良いです。
レベルが低い教師に低賃金(オレンジ色)だとストレスが見る見るうちに溜まります。
レベルが高い教師で精神力、MAXストレスを上げている場合は低賃金でも、ある程度耐えられます。

給料の算出方法
給料は黄色の顔を基準で考えます。基準給料の算出方法は以下の通り。
(給料)=1+(年齢)÷2+(レベル)÷3 (小数点以下は四捨五入)

例:年齢41歳、レベル29の教師の場合の基準の給料は
1+41÷2+29÷3=31.16666…≒31(万円)
となります。
ボーナス
高ストレス状態の教師はボーナスをあげてストレスを緩和させないといけません。
ポイントはボーナスは1万円しかあげないことです。1回あげて足りないと言われても何回か粘れば承諾します。
たかがボーナス代、されどボーナス代です。特に教師育成時はお金がかかるのでボーナスにお金をかけていられません。
ボーナス代を上げても一発でストレス緩和出来る確率が高くなるだけのようです。
担任とは?
担任はクラスごとに決めなければいけません。設定は「生徒情報」から各クラス行ないます。
設定は面倒ですがこれを設定しないと生徒の満足度がかなり下がります。
また学力の高いクラスにカリスマ性が低い教師を担任にすると満足度が落ちるので注意が必要です。
逆に担任を持たせない教師はカリスマ性がなくても大丈夫です。

home > PS2 > 学校をつくろう!! Happy Days > 教師 教師について
Nintendo Switch本体 ネオンブルー/ネオンレッド Splatoon 2 Colorful SL500 640G iPhoneケーブル