home > DIY > 折り畳み自転車のブレーキレバー交換

1/1/2018 記入

折り畳み自転車のブレーキレバー交換

いつものように自転車で出かけていたところ、
急にバキッという音とともに右のブレーキレバー(前輪)が破損してしまいました。
ということで、このままでは危ないのでレバーを交換することにしました。

まずはブレーキレバーを調達

ネットで探していたところ、AmazonにShimano製のブレーキレバーを発見。
左右セット+ブレーキワイヤーで1500円程度だったので購入しました。
その他必要なものがこちらです。

・ブレーキレバー
・六角レンチ(レバーの固定)
・ニッパー(ワイヤーの切断)
・ペンチ(ワイヤーのカシメをつくる)
・レンチ(ブレーキ駆動部の固定)
・カッター(グリップの切断)


Amazonから届いたものを見てびっくり。箱詰めされています。
結構高級感があり、ホームセンターで売っているものとは全然違います。



いざ交換

部品が届いたので交換作業開始。まずは古いレバーを取り外します。
六角レンチでナットを緩めて、強引にハンドルレバーから外しました。





さて、こいつを新品のShimano製レバーに交換するのですが、
ここで重要なことに気づきます。
古いレバーはプラスチック製、対してShimanoのレバーは金属製。
金属製のレバーは無理やり取り付けることができません。
取り付けるにはグリップと変速機を外す必要があるのです。

グリップって外せるのか?とググってみたら、
たいていの人はカッターで切って無理やり外しているようです。
私も先人たちに倣い、グリップを切ることにしました。

変速機ですが、こちらはねじ止めされているだけなので、
ねじを緩めれば簡単に外れます。

そして全部外した状態がこちら。



つるつるです。

取付は外すときと逆の手順で

ハンドルを軽くふいた後、取付開始です。
まずブレーキレバーを取り付けます。
自分はこの段階でブレーキのセッティングをすべてやってしまいました。

Shimano製の部品はすべて良い出来ですね。
ブレーキワイヤーもホームセンターで売られているものよりも丈夫です。
丈夫過ぎて危うく私の100均ニッパーがつぶれるとこでした汗

ブレーキワイヤーを程よい長さに切り、
ブレーキのかかり具合やレバーの角度などを調節しました。

そして、変速機とグリップを取り付けます。
これで完成です!





…グリップは新しいのを用意していなかったので、
切ったものを布テープで固定しています汗
次はグリップを交換したいです。

home > DIY > 折り畳み自転車のブレーキレバー交換
Nintendo Switch本体 ネオンブルー/ネオンレッド Splatoon 2 Colorful SL500 640G iPhoneケーブル