PSゲームレビュー  あずまんがドンジャラ大王

 漫画、アニメで有名なあずまんが大王のドンジャラを楽しめます。
 2002年4月18日発売。開発はガンバリオン、発売はバンダイ。メモリー1ブロック使用。

おすすめ度
内容・ストーリー
グラフィック
音楽・サウンド
操作性
やり込み度
総合点
★★★★★
★★★★
★★★★★
★★★★★
★★★★★
★★★★★
15/30


あずまんが大王の世界がドンジャラに

 ドンジャラとは麻雀のルールを簡単にしたゲームです。あずまんが大王のキャラクターがパイとなっています。
 プレイヤーはちよちゃんや大阪などのおなじみのキャラから一人、プレイするキャラを選びます。
 ワンプレイに時間があまりかからないのでサクサクプレイできます。
 上がり手にはボンクラーズの103点と凝った上がり手もあり、原作を知っている人には嬉しいです。
 ドンジャラはどちらかというと子供向け麻雀なので麻雀がわからない人でもルールを早く呑み込めると思います。

ストーリーモード

 ストーリーモードがこのゲームの一番主となるモードです。
 プレイするキャラを最初に選び、そのキャラクターで5人勝ち抜ければクリアとなります。
 別にルールは難しくなく、麻雀をやったことのない自分でも簡単にクリアできました。

ずるっこ

 ずるっこを使うと最初に自分の持ち点の中からいくらか点数を払うことで少し有利になる効果を受けます。
 榊さんなら持ち牌の中にお父さん牌がないとき必ず次にお父さん牌が引ける、などです。
 支払う点数はずるっこの効果が高いほど高くなっており、ゲームバランスがおかしくならないような配慮がされています。
 ずるっこを使ってでも確実にあがるか、安い手でもいいのでずるっこを使わないかはプレイヤー次第です。

やりこみ要素

 ゲームをやりこむことでアルバムの中の画像が増えていきます。その数全部で36種類。コンプリートを目指しましょう。
 また、ストーリーモードをクリアするごとにプレイすることができるキャラが増えます。
 増えるキャラは女性キャラだけでなく木村先生も登場するのでこちらもコンプリートを目指しましょう。

感想・レビュー

 この内容で新品価格5040円は…ちょっと高すぎですね汗
 ゲームとして少し物足りません。容量はやり込み派には足らないと思います。
 また、ストーリーモードが単調な感じですぐ飽きてしまうかも。各キャラでクリアも単調だと辛く感じることも…。
 ただクリアまでに時間があまりかからないので良い暇潰しにはなると思います(全クリには時間かかります)。
 麻雀ゲームなので仕方ないですが1人プレイなので大勢では遊べません。
 あっさりしたゲームですがドンジャラ自体は面白いので損はしていないと思います。
 あずまんが大王が好きで麻雀を知らないのなら楽しめます。
 麻雀を知っている人は…やめといた方がいいかも。
 中古価格も下がっているので次にプレイしたい新しいゲームへの繋ぎとしていかがでしょうか。

 Amazonでの購入はこちら・・・

このゲームです

原作新装版です

原作アニメです

 Yahooオークションでの購入はこちら…
 「あずまんがドンジャラ大王」での検索結果 このゲームを購入したい人はこれ
 「あずまんが大王」での検索結果

 あずまんがドンジャラ大王攻略TOPに戻る